ライティング講座

【タイトル・見出しの付け方】コピーライティングで命の5つの情報を

アフィリエイト記事でも普通のブログ記事でも、読んでもらえなきゃ意味がないですよね。

 

うん。だからそのためのSEOでしょ。

そう思われたかもしれません。

 

しかし、SEO強化でいくら検索順位が向上しても、いざ記事を見た時に「なんか興味わかないなあ」と思われたら、結局読んでくれないんです。

これは、以前「”4つのnot”でPVも成約率もupのコツ」という記事でお伝えした通り、ユーザーには必ず「not read」の精神があるためです。

 

では、その読んでくれない問題の解決策は何かというと、今回お伝えする「タイトル・見出しに入れる5つの要素」です!

それでは、1つずつじっくり解説していきます。

タイトル・見出しに入れるべき5つの要素

5
ここでご紹介する5つの要素とは、以下の通りです。

  1. 読者の得になる
  2. 新情報
  3. 好奇心を煽る
  4. 手軽さを提示する
  5. 信憑性を高める

1つずつ掘り下げていきましょう。

① 得になる情報(メリットorベネフィット)

特、利益、向上、up
1つ目は、読者の得になる情報。

つまり、その記事でフォーカスしている読者が求めているであろう情報を提示する事です。

記事を書く際はいつでも、読者が持っている何かしらの悩みを解決することが大前提ですので、その悩みに対する答えを書いてあげる、とも言えます。

 

これは結構基本的でわかりやすい内容ですが、実際無意識に記事を書いていると抜けていたりします。

 

また、この「得になる情報」を入れる際に注意したいのが、「メリット」と「ベネフィット」の違いです。

違いは以下の通り。

  • メリット…客観的に得な情報(例、〇〇円稼げる!)
  • ベネフィット…主観的に得な情報(例、好きな服を買い放題!)

(もちろん、ビジネス系の記事に関しては「〇〇円稼げる!」というのがベネフィットになるケースもあります。)

イメージは、ベネフィットの方が、見込み客に絞って強くアピールしている感じです。

メリットの方は、あまりターゲットを絞らずに幅広くアピールしている感じです。

どちらも、「読者の得になる情報」ですが、性質がだいぶ違いますよね。

 

では、タイトル・見出しにはどちらを入れるべきかというと、ズバリ「ベネフィット」の方です。

これは、「“3つのOne”で成約率を高めるライティングのコツ」という記事でも紹介した「One Market」の考えに繋がります。

これは、「ターゲットとなる市場・顧客を絞って記事を書くべき」という意味です。

つまり、幅広くターゲットを限定せずに何と無くアピールする「メリット」よりも「ベネフィット」がベターという結論につながります。

② 新情報(←入れるの単純&簡単)

新しい、NEW
2つ目は新情報。

これはもう、誰もが想像できますよね笑。

「新発売!」「新商品!」「ついに〇〇!」など、こういった宣伝に目を奪われた経験は誰でもあると思います笑。

実際、タイトルや見出しに入れる際も、上記の例のような表現を使うだけです。

とっても単純で簡単ですよね笑。

 

ただ当たり前ですが、記事内に本当に「新情報」がある時だけ使える技です!

いつでも使える訳ではないのが欠点かもです。

③ 好奇心を煽る表現(〇〇言葉が最強)

子供、興味、好奇心
3つ目は、好奇心を煽る表現。

「煽る」というと、なんだか悪い事のように感じますが、そうでもないです笑。

その煽りにつられて記事を開いた読者に、それ以上の圧倒的価値を提供すればいいだけです。

しかも、この好奇心を操るライティングが上手くなれば、同じ内容を言っているだけでも、それを読む人に意外性を感じさせることも出来ます。

ここまで出来たら、もう好奇心を煽った事なんかで怒られるはずありません笑。

 

では、具体的にどうすれば「好奇心を煽る」ことができるのか。

僕の考えでは、最強なのは「こそあど言葉」です。

具体例を挙げると、「あの日常品で〜できる!」とか「この方法で月〇円稼げました」とか。

広告とかを見返してみても、よく目にしますよね。

この表現は、好奇心を煽れるというのもそうなんですが、何より、手軽にどんな記事にでも使えるのが最強ポイントです。

 

また、こそあど言葉以外にも手法を挙げると、例えば以下のようなものも。

数字を使ってまとめる。

(例、絶対読むべき本を3冊厳選)

これは、例えばすでに本に詳しい人でも、この人が厳選した3つって何なんだろ…と気になって開いてくれたりしますね。

難しい用語を文頭に入れる

単語、用語、難しい
(例、ゴルディロックス効果。これは〜)

用語を見た読者は「なにこれ?」とつい注意を向けますよね。

そして、そのすぐ後に、わかりやすく解説を入れてあげることで、納得させます。

つまり、疑問とその答えの意外性を同時に自分で作っちゃう訳です笑。

記事の文章は、「中学生でもわかるように」が原則ですが、こういうテクニック的な例外もあります。

 

(ちなみに、ゴルディロックス効果は、「松竹梅の中で真ん中の売り上げが上がる」的な効果のことです。)

④ 手軽さを表現する(TV広告の常連)

手軽、楽しい、楽
4つ目は手軽さ。

これも、テレビショッピングなどのマーケティング手法を見ていればすぐわかると思います。

例えば、「たった数日で〜!」とか「毎日〇〇するだけで!」とか。

〇〇するだけで〜系は、ダイエット広告の定番中の定番ですよね笑。

 

記事にする際も、上記のような表現を使うだけですね。

これも、②新情報と同じで、使える場面は限られるかもしれませんが、いざ使う際は単純&簡単なので、ぜひ実践してみてください!

⑤ 信憑性を高める情報

悩み、疑い
5つ目は信憑性。

これには、「”4つのnot”でPV・成約率をあげるコツ“」という記事でも紹介した「not believe」という考え方が前提にあります。

復習すると、「読者は記事をめったに信じてくれません」という考え方でした。

そのため、タイトル・見出しで、信憑性を高める情報を入れるべきなんです。

 

ここで一点申し訳ないのですが、この⑤信憑性に関しては、高めるコツが具体的にはなんとも言えません。

というのも、やはりその情報の中身によってアピールの仕方がだいぶ変わってしまうからです。

例えば、ダイエット関連の記事であれば、文字で「何キロ痩せた」と書くよりも、画像でビフォーアフターを提示したほうが絶対効果的です。

 

ただ、そんな中でも1つだけアドバイスできるとすれば、表現の中になるべく「数字」を使うことです。

どんな形であれ、具体的に数字を見せられると説得力が増すのは、あなたも経験があると思います。

ぜひ、数字を使うだけの単純なことからでも実践してみてください。

5つの要素の実践方法

挑戦、トライ、飛び込む
さて、いかがでしたでしょうか?

ここまで、見出し・タイトルに入れるべき5つの要素をご紹介してきました。

どれも、言われてみれば…的な納得ができたかと思います笑。

 

「よしじゃあ、明日からこの5つすべて使おう!」

そう思ってくれた方もいるかもしれません。

 

しかし実際問題、おそらく、1記事にこれら5点全部使うのはほぼ無理です…。

 

というのも、やはり記事を書く上では、SEOを無視するわけにはいきません。

SEOを意識するということは、タイトル・見出しに、しっかりとキーワードを入れるという事でもあります。

つまり、今回ご紹介した5つの要素を入れる前に、まずはキーワードを入れないといけないんです。

 

キーワードを入れ、さらにSEOに強いタイトルは文字数も限られ、これではさすがに5つ全部入れるのはキツイですよね笑。

キツイもんは、それはもう仕方ありません。

ですので結論としましては、キーワードを入れる等のSEO対策をした後、その上で、今回紹介した5点をできるだけ入れるようにしよう、という事です。

 

それでは今回の内容は以上となります。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

 

初心者~月収10万円までの攻略情報を無料プレゼント

ワードプレスの立ち上げ方~売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた攻略本を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」を解説した動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラをクリック↓

【管理者きりやまのプロフィール】

kiriyama-maru

1999年2月15日生まれ。

古着/甘いもの/ゲームが大好き。満員電車/人混み/人に縛られる生活が嫌い。

 

慶應大学在学中、目標もなく、怠惰でつまらない生活に嫌気がさし、何かしなきゃと思い始める。

その後、2年の秋に、趣味だったゲームに関する個人サイトを立ち上げ。

1年後に月15万を稼ぐサイトに。

3年の冬には、法人メディアからSEO/ブログ運営のコンサルティングを依頼され、3ヶ月60万円で契約。

今は、アルバイトや細かな節約などに縛られず、自由に好きな服を買い放題の生活を送ってます!

もっと詳しく