大学生

文系大学生|バイトをしないと就活/就職に不利?【慶應4年が解説】

アルバイト、学生

アルバイトって、正直めんどくさいですよね…。

業務内容によっては本当に辛い…。

でも、周りはみんなアルバイトしている。

しかも、バイトしてないと就活/就職に不利になるなんて噂もあります。

 

そこで今回は、「大学生はバイトをしないと就職/就活に不利なのか」についてお話ししていきます。

あくまで、バイトに賛成!反対!とかではなく、フラットな視点でお話ししますね。

 

ちなみに、かくいう僕は、コンビニで1年とカフェで2年の計3年ほどバイトをしていました。

しかし、今はもうバイトはしていません。

個人で、パソコン一台で、好きな場所・時間に働いて稼ぐことができています。

(↑詳しくは僕のプロフィールで。)

 

要は、バイト生活も、バイトをしない生活も、どちらも十分にあるってことです。

そのため、バイト賛成・反対のどちらの視点でも語れると思っています。

バイト賛成派・反対派、どちらの方も読んでくださると嬉しいです。

バイトをしなくても就活/就職には不利じゃない

アルバイト、学生
まず、本題に答えると、

バイトをしないからと言って、決して、就活/就職には不利になりません。

 

これは間違い無いです。

ただ、もちろん学生時代に本当に何もしてないと不利になります。

 

例えば、学校の勉強を意欲的に頑張ったり、資格獲得に向けて勉強するなど、

自分がやりたいと思った事に対して愚直に行動できていれば、企業側はちゃんと評価してくれます。

 

実際、僕はサークル・ゼミ・部活のどれにも入らず、留学経験も、英語のスコアもない雑魚ですが笑、

ブログアフィリエイトやそのコンサルティングを頑張った実績を認めてもらえています。

そしてむしろ、↑みたいな他の学生とは違う分野で実績を残していると、バイト戦士よりも圧倒的に高く評価されます。(実体験)

 

そのため僕は、就活/就職などの将来の事を見据えると、

「バイトをやるのも良いけど、もっとやった方がいい事がある」と思っています…。

大学生がアルバイトをしない方がいい

やめる、ダメ、止める
では、やった方がいい事とは何か。

それは、「自分個人で仕事を始めてみる事」です。

 

「個人で仕事」というと、難しく聞こえたかもしれません。

でも、そんな事もありません。

 

スマホ一台でYouTubeを初めてみたり、ブログを初めてみたり。

プログラミングやwebライティング、動画編集等の比較的簡単なスキルを少し勉強して、仕事を受注してみたり。

そういう活動も、十分立派なビジネスだと思います。

 

実際僕は、バイトを辞めてアフィリエイトブログで稼いでいます。

その関係で、ライティングの仕事を受注することもあります。

また、簡単な動画編集ならできるようになりました。

ここまでやった僕の体感としては、どれも、全然難しいスキルは必要ありません。

学校の勉強の方が相当難しいです笑。

 

以上の通り、僕の結論は「バイトをするより、個人で仕事をしてみるべき」です。

 

でも、バイト賛成派の方もご安心ください。

バイトを全面否定する気はありません。

バイトも、取り組み方によっては大いにアリだと思います。

 

以降では、その理由についてお話ししていきます。

小さくてもいいから個人で仕事をするべき理由

挑戦、トライ、飛び込む
個人で仕事をするべき理由は、「価値提供で稼ぐ感覚」を得るためです。

いきなり抽象的でわかりにくいですね笑。

でも、これがかなり重要で、就職後に即戦力となるキーとなります。

 

理解のステップとしては以下の通りです。

  1. 「稼ぐ」の本質とは「価値提供」
  2. バイトでは、価値提供の感覚を得にくい
  3. 自分のビジネスなら、価値提供で稼ぐ感覚を得られる
  4. すると、即戦力になるスキルが身につく

①「稼ぐ」の本質は「価値提供」

お金、もらう
一般的なアルバイトでは、「○時間働いたから○円」「○日働いたから○円」とか、労働の量によって稼ぐ額が変わります。

いわゆる時給労働ですね。

 

でも、この時給労働は、「稼ぐ手段」としてのただの一手に過ぎないんです。

 

例えば僕の場合、1年以上前に書いたブログ記事が、今でも勝手に収益を出してくれています。

書いてから、全く記事の修正はしていません。

これは、全く時給労働とは違う稼ぎ方ですよね。

 

こういう風に、時給労働以外にも、たくさんの稼ぐ手段を見ていくと、「稼ぐ」の本質が見えてきます。

その本質が、「価値提供」です。

 

少し小難しいですが、もっと簡単にいえば「誰かの役に立つ事」。

例え労働時間が1分だろうと、何時間だろうと、誰かの役にさえ立っていれば、そこにお金が発生します。

ブログでも同様で、1年前から放置されている記事だろうと、今も誰かの役に立ってさえいれば稼げるという事です。

 

こう言ってしまうと、当たり前だと思われたかもしれません。

でも、アルバイトをする大学生の大半は、この「価値提供」という本質を理解できていません。

もちろんこれは、バイトをしていた頃の僕自身もそうでした。

②バイトでは、価値提供の感覚を得にくい

ショック、唖然
では、なぜ大学生バイトが価値提供の本質に気付けていないのか。

それは、大半のバイトが時給労働だからです。

そのため、ほとんどの大学生は、「時給労働」という稼ぎ方しか知らないんです。

 

これでは、稼ぐ事の本質として「提供した価値の量で賃金が決まるんだよ」と言っても、当然理解してもらえないですよね。

稼ぐ手段として時給労働しか知らなければ、もっと広い意味での「価値提供」を理解できないという事です。

③自分のビジネスなら、価値提供の感覚を得られる

特、利益、向上、up
では、話を戻して、「個人で仕事をやってみる」ならどうでしょうか?

 

そこには時給なんてものはありません。

もうお分かりの通り、「自分がどれだけ価値提供できたか」によっていくら稼げるか決まります。

 

ブログは、どれだけの人に役立つ内容を書いたか。

YouTubeは、どれだけの人に役立つ動画か。

(エンタメ系も楽しませるという意味で役に立っています)

 

このように、自分の個人事業で稼ごうと思ったら、否が応にも、価値提供の重要性を肌で感じることになります。

④その経験が、即戦力への近道

こうして、時給制度という甘えから離れ、自らが出来ている価値提供に向き合う事。

それは、自分のスキルを本気で高めるきっかけになります。

 

アルバイトでは、どれだけ自分のスキルを磨いてもそんなに時給も変わらないし、実感わかないですよね。

 

でも、個人事業なら違います。

自分の頑張り次第で、自分のスキル次第で、稼げる桁が違ってきます。

ここで必死に頑張って、自分の提供できる価値に磨きをかける事が、どんな業界でも求められる即戦力につながるわけです。

バイトをするメリット

good、良い
改めて、この記事の本題を復習すると、以下の通りでした。

「バイトをするより、自分のビジネスをやるべき。」

 

でも、別の見方をすると、僕の意見はこうです。

「個人で仕事をやらないなら、せめてバイトをした方がいい。」

 

理由はたくさんあります。

例えば、仕事の効率化ノウハウや、仕事場での人付き合い、問題解決能力など。

根本的な「仕事に取り組む姿勢」が身につきます。

 

僕の場合は、自分の仕事の関係で、クライアントさんとの電話や対面でのミーティングなどの機会があるのですが、

そういう時、アルバイトで培った敬語や、人付き合い、所作などが大いに役立っています。

また、忙しいカフェバイトの作業をなるべく効率化した経験が、今の仕事全般に生きています。

 

こんな感じで、僕のバイト経験自体は、普通に大学生活を送っているよりもとっても有益でした。

 

あとは僕の場合、自分の事業を初める際の初期資金としてもバイトを活用していました。

僕は、ブログを教わるために個人向けコンサルを購入したので、その費用になったわけです。

 

まとめると、僕が思うバイトのメリットは、主に以下の通りです。

  • 仕事の効率化意識
  • 人付き合いやマナー
  • 問題解決能力
  • 自分のビジネスを初める初期資金

もちろん、単純に楽しいとか、友達が増えるとか、出会いがあるとか、そういうのもメリットだと思います。

でも多分、そういう要素は、どこでバイトをするかによってだいぶ違いますよね。

そのため、あえてここでは無視しています。

大学生でもできる個人事業とは

環境、おしゃれ、デスク
ここまでをまとめると、「何もしない<バイト<個人で働く」という価値観をご理解頂けたかと思います。

 

でもそう聞くと、多くの大学生がこう思うはず…。

「自分には無理だ」「難しいでしょ」。。

 

どうかお願いなので、自分でやってみる前から、そうネガティブに決めつけないで欲しいです…。

 

本当に、みんながやらないだけで、やってみれば誰でもできる仕事はあります。

もちろん、超簡単で、ワンクリックなんて詐欺ほど簡単ではありません笑。

でも、僕の経験的には、接客で厄介なクレーマーの対応をするよりもずっと簡単です笑。

 

とは言え、あまり信じてもらえないかもしれません笑。

そこで、以下には大学生が挑戦しやすい個人事業を具体的に紹介していきます。

大学生ができる個人事業①「ブログ」

画像、写真
まずはド定番の「ブログ」。

僕が最初にやった個人事業もこれです。

 

初期費用が安い、在庫リスクなし、趣味を仕事にしやすい、ざっくり言えば文章を書くだけという、ザ・初心者向きビジネスです。

詳しい理由は以下の記事で説明しています。

アフィリエイトとは
アフィリエイトとは?大学生実績者がメリット/デメリットを解説こんにちは、きりやまです。 今回は、「そもそもアフィリエイトとは何か?」についてシェアしていきます。 僕は大学2年生...

ブログはオワコン?

たまに、「ブログはもうオワコン」とか言っている人もいますが、それは「ブログ収益だけで月何百万」とかの次元の話。

バイト代程度(月10万円ぐらい)稼いでいる人なんて今もごまんといます笑。

 

実際僕は、ブログを始めてから1年後の大学3年生の時、1サイトで月15万円稼いでいます。

そして今なお、昔書いた記事が資産となって、自動で収益を上げてくれています。

 

なので、大学生やビジネス初心者の方は、安心して取り組んでみてください。

ライティングスキルは就活で超役立つ

ライティング
そして、ブログのメリットはまだあります。

それは、「ライティングスキル」が身につく事です。

コロナの影響もあって、今、たくさんの企業が急ピッチでweb集客に力を入れています。

そんな中で、企業のホームページを支えるためのライティングスキルがあれば、就活の際もとっても重宝します。

 

さらに言えば、ライティングスキルは、webライティング以外の場面でも大活躍します。

資料作り、パワポ作りに役立つのは当然なのですが、同時に、営業トークにも役立つんです…!

 

考えてみれば、当たり前です。

「ライティング」とは、人の心を動かして商品を買ってもらうための「文字」。

「営業トーク」とは、人の心を動かして商品を買ってもらうための「言葉」。

ご覧の通り、ほとんど書くか喋るかだけの違いです笑。

※ESを書くのにもめっちゃ役立つ!

大学生ができる個人事業②「Youtube」

youtube
こちらも今となっては定番ですね。

ブログと同様に、初期費用も在庫リスクもほぼ無く、趣味を仕事にしやすいので、とっても初心者向きです。

 

ただ、撮影時のトークスキルや編集スキルは、Youtubeをやっていく内に慣れていくしかないです。

実は、僕も簡単な動画編集ならできるのですが、結構めんどくさいです笑。

人によっては、めんどくさ過ぎて続かないかもしれません…。

 

少なくとも僕は、ブログで文章書くだけの方が継続できました。

Youtubeで培ったスキルが就活に活きる?

もう一点、Youtubeのデメリットがあります…。

それは、Youtubeで培ったスキルを活かせる業界は限られるという点です。

 

動画編集やチャンネル登録者数を伸ばすテクニックなどは、需要が高まってきてはいるものの、やはり活かせる業界は少ないのが現状です。

 

それこそ、ブログで学べるライティングスキルと比べると、就活/就職への活用は難しいかもしれません…。

結論:大学生にオススメしたいのは

自分、今後を見て
もっとたくさん書きたい事はあるのですが…。

最後に結論として、僕が大学生にオススメしたいのは、やっぱり「ブログ」です。

 

以上に説明したように、ブログで培ったスキルは、本当に高く評価されます。

これは、実際に就活で体験した事実です。

 

そして、僕にとってブログは、人生が大きく動いたきっかけです。

毎日のようにアルバイトしていたただの大学生が、1年後には月15万円。

そしてあっという間に30万も稼げるなんて、全く思ってもいませんでした。

 

もはや、就活とか就職とか、考える以前の問題です。

個人事業主としての自由な生活も十分に見えています。

 

この体験を、あなたにも経験して欲しい。

そんな想いもあって、今この記事を書いています。

 

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

初心者~月収10万円までの攻略情報を無料プレゼント

ワードプレスの立ち上げ方~売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた攻略本を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」を解説した動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラをクリック↓

【管理者きりやまのプロフィール】

kiriyama-maru

1999年2月15日生まれ。

古着/甘いもの/ゲームが大好き。満員電車/人混み/人に縛られる生活が嫌い。

 

慶應大学在学中、目標もなく、怠惰でつまらない生活に嫌気がさし、何かしなきゃと思い始める。

その後、2年の秋に、趣味だったゲームに関する個人サイトを立ち上げ。

1年後に月15万を稼ぐサイトに。

3年の冬には、法人メディアからSEO/ブログ運営のコンサルティングを依頼され、3ヶ月60万円で契約。

今は、アルバイトや細かな節約などに縛られず、自由に好きな服を買い放題の生活を送ってます!

もっと詳しく