ライティング講座

コピーライティングのコツ”4つのnot”でPVも成約率もup

4つのnot

今回は、コピーライティングで超重要な「4つのnot」について解説します!

この「4つのnot」は、どんな記事を書く際も、いつでも意識しておくべき前提となります。

ちなみにこれを意識すると、PVも、記事滞在時間も、成約率も、全てにおいていい影響が出ます!

初耳だ!という方は、ぜひここで覚えて帰ってください!

 

この記事の内容は、以下の動画で聞き流しもできます!

 

では、そもそも「4つのnot」とは何なのか。答えはこちらです。

  • not open(開かない)
  • not read(読まない)
  • not believe(信じない)
  • not act(行動しない)

わかりやすく1文で説明すると、

「読者は、記事を開かないし、読まないし、信じないし、行動しない」 という事です。

 

ここから、1つずつ詳しく説明し、さらにこれら4つのnotへの対策方法も解説していきます。

あなたも4つのnotに従っているはず

あなたも、指摘
例えば、あなたが何か調べ物をしているとします。

当然、検索結果にいくつものサイトが出てきました。

 

そんな時にあなたは、

表示されたサイトを何個も開いたりしますか?

開いたとして、最後までじっくり読みますか?

読んだとして、内容を信じますか?

信じたとして、その通りに行動しますか?

 

大半の方の答えは、全てNOだと思います。

あなたも4つのnotに当てはまっていたでしょうか?

not open 記事を開いてくれない

開いている、ドア、暗い
基本的に、大半のユーザーは記事を一切開いてくれません。

特に初心者の頃なんかなおさらです。

考えてみれば当たり前ですよね。

世の中に星の数ほどあるサイトの中から、自分のサイトを開いてもらう確率なんてほんのわずかです。

 

そこで忘れちゃいけないのは、

見向きもしてくれないお客さんを、「絶対振り向かせるぞ!」という心構え。

恋愛に例えるならば、僕らはいつだって追いかける側なんです笑。

 

ブログを続けているうちにPVや収益が伸びたって、天狗になってはいけません。

追いかける側の心構えをキープしましょう。

 

それでは、記事を開いてもらうためには何を工夫すればいいのか、解説していきます。

対策:興味を引くタイトルとは

子供、興味、好奇心
対策方法は、大きく分けて3つあります。

  • SEO強化
  • SEO以外の集客を伸ばす
  • タイトル、説明文を工夫する

1点目のSEO強化をすれば、ブラウザ内での掲載順位がupし、ユーザーの目に止まりやすくなります。

2点目も同様に、そもそも記事が人目に触れる機会が増えます。

ただ、これら2点は、ライティングとは少し違う話になってしまうので今回は詳しく説明しません。

 

お話ししたいのは、3点目「タイトル、説明文の工夫」です。

これは簡単に言うと、「興味が湧いてつい開きたくなるようなタイトル・説明文」を書くということ。

では具体的に、こういったタイトル・説明文を書くのには、どうすればいいのか。

そこには、実はいくつか簡単に実践できるコツがあるんです!

 

そのコツとは、以下の5つの情報を、タイトル・説明文に入れることです。

もちろん、無理に全てを実践する必要はありません。

  1. 読者の得になる情報
  2. 新しい情報
  3. 好奇心を煽る表現
  4. 手軽さ
  5. 信頼性

もちろん、タイトルや説明文には、SEO強化のためにキーワードも入れなければいけません。

そのため、これら5つを全て入れるのは難しいと思います。

 

ただ、キーワード同士をつなぐ表現や、余った字数で書く内容として、上の5つを意識するのはとっても効果的です。

ぜひ実践してみましょう。

この5つの取り入れ方に関して、詳しくはこちら!

【タイトル・見出しの付け方】コピーライティングで命の5つの情報を

not read 読者はみんな流し読み

読書、本
基本的に、大半の読者は記事を流し読み。しかも最後まで読んでくれません。

なんせ、代わりの情報源ならいくらでもあるので、少しでも「読みにくい・わかりにくい」と思われたら、すぐ離脱されちゃうんですよね。

 

実際、あなたが何か調べ物をする時を思い浮かべてみてください。

その時、大抵いくつかのサイトを開いては閉じてを繰り返し、一番読みやすくてわかりやすいサイトを探しますよね。

これが、not readです。

対策:読んでもらうには〇〇が最重要

子供、興味、好奇心
では、どうすれば読んでもらえるのでしょうか?

先ほど、not openへの対策として、「興味が湧いてつい開きたくなる」ように工夫しましたよね。

それと同じで、今度も「興味が湧いてつい読み進めたくなる本文」を意識しましょう。

 

ただ、それだけでは弱いです。

記事を読んでもらうために最も重要なのは「見出しの工夫」です。

記事を開いたときに、細々した本文にはあまり目がいかなくても、見出しは比較的目立つんですよね。

そのため、見出しでいかに興味を引くかが大きな勝負となります。

 

ちなみに、見出しを工夫する際のコツは、実はタイトルの時と同じ5つです!

もう一度復習しておきましょう。

  1. 読者の得になる情報
  2. 新しい情報
  3. 好奇心を煽る表現
  4. 手軽さ
  5. 信頼性

not believe 信じてくれないのが当たり前

少年、疑う、信じない
これも、あなた自身の立場に置き換えてみればすぐわかると思います。

普通、ネットで見つけた情報を、すぐ鵜呑みにたりしないですよね。

逆に全部信じちゃったら危ないですしね…笑。

 

やはり誰がどれだけ頑張って書いても、どうしても最初は、ネットにある情報の1つとしか認識されません。

そのため、「情報が信用に値するよ」とアピールする必要があります。

対策:知識&実績で権威性を高める

信じてもらうための一番の対策は、やはり知識と実績の圧倒的アピールです。

 

アピールというと何だか図々しい感じがしますが、別にただただ自慢をするわけではありません笑。

実際にやることは、その知識と経験を使って、ひたすら価値提供しまくるという事です。

 

また、知識と実績を主張する時、信頼性を高めるために一番効果的な表現は、「数字」です。

「〇〇大学の研究では××%の人が〜」とか、「〇〇人気ランキング第1位」とか、なるべく数字を使ってアピールするようにしましょう。

not act 知ってもやらない人は多い

怠惰な様
例えばあなたが、ダイエットに関する記事を書いたとしましょう。

そして、not believeまでを順調にクリアできたとしましょう。

つまり、読者はあなたの文章に共感して、納得してくれています。

あなたが記事内で紹介したダイエット法も信用されています。

 

ここまでは全て順調ですね。

しかし、最後にnot act(行動してくれない)の壁があります。

つまり、記事内で紹介したダイエット法を、「実践」はしてくれないんです。

 

もう少しアフィリエイトと絡ませて言うと、商品の魅力をわかってもらえても、購入にはいたってくれない訳です。

こういうお客さんは、購入するという決断まであと一歩のところで迷っているんです。

そこを最後の一押ししてあげることが求められます。

対策:マーケティングの心理学をフル活用

対策はいろいろ挙げられるのですが、その中でも重要なのはマーケティングの心理学をフル活用することです。

具体的に手法をご紹介すると、以下のようなものです。

  • ローボールテクニック(承諾先取り法)
    相手に先にコミットメントをとらせておく事で、「実践しなきゃ」と思わせる。
  • 社会的証明を強調
    「みんなもやってるよ」と強調する事で行動のハードルを下げる。
  • 希少性をアピール
    今行動しなきゃ!と思わせる。

これらに関して、正直もっと詳しく説明したいのですが、かなり長くなってしまうので、別記事で詳しくご紹介します…笑。

”4つのnot”対策の重要性

いかがでしたでしょうか?

ここまで長々と説明してきましたが、とりあえず必ず頭に入れておいて欲しいのは、

「ユーザーは記事を、開かない・読まない・信じない・行動しない」という大原則です!

これさえ忘れなければ、そこまでトンチンカンな記事にはならないはずです笑。

 

また、対策方法は場面ごとに無限大ですので、ここに書いたことが全てではありません。

応用の幅が広い例だとお考えください。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

質問等、お気軽にご連絡ください。

 

初心者~月収10万円までの攻略情報を無料プレゼント

ワードプレスの立ち上げ方~売れる文章の書き方までを30本以上のコンテンツにまとめた攻略本を期間限定で無料でプレゼント。

今なら特典として「誰でも確実に3万円稼げるノウハウ」を解説した動画もお渡ししています。

※とりあえず無料で受け取る場合はコチラをクリック↓

【管理者きりやまのプロフィール】

kiriyama-maru

1999年2月15日生まれ。

古着/甘いもの/ゲームが大好き。満員電車/人混み/人に縛られる生活が嫌い。

 

慶應大学在学中、目標もなく、怠惰でつまらない生活に嫌気がさし、何かしなきゃと思い始める。

その後、2年の秋に、趣味だったゲームに関する個人サイトを立ち上げ。

1年後に月15万を稼ぐサイトに。

3年の冬には、法人メディアからSEO/ブログ運営のコンサルティングを依頼され、3ヶ月60万円で契約。

今は、アルバイトや細かな節約などに縛られず、自由に好きな服を買い放題の生活を送ってます!

もっと詳しく